病院を開業するには・・・デメリットも

病院開業

このサイトは、
病院・クリニックを開業したい人、開業医を検討しているために、最低限、知っておいたほうがいいと思うことをまとめました。


開業医は儲かるの?

私の周りの開業医をみても、また、統計からも開業医の平均年収は勤務医師より、倍以上の年収を稼いでいます。

しかし、成功している開業医の多くは、親の後を継いでいる知人で、イチから開業した友人は、意外と問題も起きています。

その1つが資金繰りです。
初期投資に関して、科目によって大きく異なりますが、最新医療設備を導入となれば、総額1億を超えることも。
もちろん、信用があるので、金融機関は融資に応じてくれますが、多額の借金は大きな足かせになります。
最新医療機器ではなく、型落ちや中古という選択肢で、設備費用を節約するという考えもありますが、ここで1つ考えなくてはいけないことを紹介しておきます。
昨今、医師不足からくる過酷な労働を回避したいと勤務医を嫌い、開業医を目指す人が増えています。
開業医が増えるということは、ライバル関係が激化するということになり、より高度な設備・高度な治療が可能な病院へ、患者が足を運ぶという現実がおきています。

お金にまつわる問題は、確実にクリアしておかなくてはならない問題で、また、運悪く自己資金(預金)が少なく全額借入れという場合も多いのも勤務医が開業医を目指すときのハードルです。

要するに、開業してからも、借金の返済に終われ、当初期待していた生活が実現できていないとう医師が多いというのも現実です。


もし、現状、勤務医として働き、年収、職場環境(過酷な労働、休暇)に不満があるとしたら、転職を検討してみてはいかがでしょうか?
前述の通り、医師不足だからこそ、病院は医師の確保に力を入れています。
確保のためには、高年収、土日休み、長期休暇ありなどのかなり有利な条件面提示をしている病院もあります。
転職専門サイトのコンサルタントが、あなたの転職成功のためにサポートしてくれます。

定評のある医師転職エージェント
エムスリーキャリアはこちら
>> https://agent.m3.com <<


開業医並みの年収、高度な医療現場でさらにスキルを伸ばしたい、休暇をしっかり取りたいなど、ワガママな転職を実現してください。




他業種 医師転職

他業種へ転職する医師が増加している理由とは
他業種へ転職を希望する医師が増加している理由は医師が働く職場において満足できるだけの待遇がなく、仕事の量がとても多い、こうした事から他業種へ転職を考える医師が多いです。

一般的にはこの職業は他職に比べると年収の平均も高いですし、どんな職場にしても羨ましく感じるものですが、これは医師にとてはやはりそれなりに色々とストレスがあるもので、仕事が多い割には給料が少ない、休みがほとんどないなど、納得できる環境でなければなかなか継続して仕事をすることは難しいものです。他業種へ転職を検討しているなら、しっかりと職場の環境や待遇にはこだわるようにしていきましょう。

そのためにはしっかりと求人探しをして内容を比較することが大事なポイントになってきます。求人サイトを使って職探しを進めますと、様々な業種の求人情報をしっかりと見ることが出来ます。

これは比較作業がとても楽になるので、うまく活用しながら仕事探しを進めてみると良いです。




医師 転職サイト
医師 転職サイト医師におすすめの転職サイトについて
医師が転職するときには、医師の求人に特化している転職サイトを利用するのがおすすめです。
しかし、医師の求人を扱っている転職サイトのなかにも優良なものと質の悪いものがありますので、注意が必要です。
まず、選ぶ方法としては、自分の希望している診療科の案件数が多いかどうかがポイントとなります。会社によって得意とする診療科目が違う場合もあります。
また、収入や休日などの待遇が良い募集ほど一般には公表していない非公開の案件が多いため、非公開の情報の件数の数も選ぶときのポイントとして重要です。会員登録をすると、担当のエージェントがつくのが一般的ですが、その担当者の相性も大切です。特に担当エージェントが医療業界の知識に詳しいかどうかも今後の求職活動に影響を与えてきます。それ以外にも個人情報が守られているかどうかも確認したほうがよいです。
求職活動に関する口コミでは、求職活動を支援している人材紹介会社の体験談や評判について書かれたものも多数ありますので、それを参考にするのもおすすめです。


異業種へ転職したい医師が気にする求人
最近は、医師の異業種への転職が多くなっています。
医師は、製薬や美容、食品や健康産業などさまざまな業種から必要とされています。
医師の間で人気が高いのが、外資系製薬会社です。
外資系製薬会社は年収が高く、土日は休みで休日出勤などはないため、自分のプライベートな時間をしっかり確保できるのが魅力です。
外資系製薬会社での仕事は、新薬の開発や治験、厚生労働省への提出書類の作成、市販後の安全性の調査や確認などがあります。
日本の医療現場で経験を重ねた30代後半から40代前半の人に向いていて、高い英語力が必要です。
外資系製薬会社の求人は、医師専門の転職サイトで非公開案件として取り扱われています。
非公開の理由は、求人を公開してしまうとどんな薬を開発しているのか、同業他社に見抜かれてしまう恐れがあるからです。
専門の転職サイトに登録すると、担当のキャリアアドバイザーが履歴書の書き方から面接のアドバイスまでしてくれます。
他にも、面接の日程調整や条件交渉も行ってくれるので安心です。

エムスリーキャリア 医師

医師がエムスリーキャリアを利用する理由とは何か?

医師 エムスリーキャリア 医師がエムスリーキャリアを利用する理由とは何か? エムスリーキャリアは、日本でも最大 …

Read more

医師転職 人気

医師の転職サイトで最もドクターに人気が高いサイトとは

医師転職サイト 人気 医師の転職サイトで最もドクターに人気が高いサイトとは 医師の転職サイトで最も人気が高いの …

Read more